長野県岡谷市民病院

メニュー
連絡先 0266-23-8000 〒394-8512 長野県岡谷市本町四丁目11番33

信州型総合医養成プログラム

1、研修期間

後期研修医 3年 3名(各学年1名)

2、プログラムの目標

 超高齢化社会を迎えつつある中で、我が国の医療は、従来の急性期中心の医療から、慢性期及び高齢者の特性を踏まえた医療も含めた再構築が進められてきている。
 また、介護・福祉や、地域との連携構築も急速に進行している。
 そのような中で、健康長寿県である信州の医療現場でリーダーとして活躍できる新たな医師像として、総合的な診療ができる医師育成への期待と要望は大きい。こういった期待に応えることのできるコンピテンシーを持つ総合診療医の養成をしていく。
 

3、研修指導医

(1) 責任者職氏名(学会資格名)
   病院長
    天野 直二(日本精神神経学会 専門医・指導医ほか)

(2) 指導医氏名(学会資格名)
担当 氏名 役職 学会等資格
内 科 平山二郎 病院事業管理者 日本呼吸器学会専門医
平松邦英 副院長・
糖尿病センター長
日本内科学会認定医・指導医
日本糖尿病学会専門医・指導医
日本循環器学会専門医
日本内分泌学会専門医
小口 淳 健診科部長 日本内科学会認定医・総合内科専門医
日本血液学会専門医・指導医
川嶋 彰 院長補佐 日本内科学会認定医・総合内科専門医
日本消化器学会専門医・指導医
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
翠川 隆 循環器内科部長 日本内科学会認定医・総合内科専門医・研修指導医
日本循環器学会専門医
日本プライマリ・ケア連合学会認定指導医
立花直子 神経内科部長 日本内科学会認定医・総合内科専門医・指導医
日本神経学会専門医・指導医
福島和広 神経内科医長 日本内科学会認定医・総合内科専門医
日本神経学会専門医・指導医
日本認知症学会専門医
漆原昭彦 副院長
(協力病院:町立辰野病院)
日本内科学会認定医・総合内科専門医他
小児科 高木峰生 小児科部長 日本小児学会専門医
南雲治夫 小児科医長 日本小児学会専門医
日本リウマチ学会専門医
救 急 澤野紳二 外科部長 日本外科学会専門医
酒井龍一 救急部長
(協力病院:諏訪赤十字病院)
日本救急医学会専門医 他
今村 浩 救急集中医療
医学教室教授
(協力病院:
  信州大学医学部付属病院)
日本救急医学会専門医・指導医 他
外 科 今井寿生 健診科部長 日本外科学会認定医・専門医・指導医
日本化学療法学会指導医
日本抗加齢医学会専門医
日本臨床腫瘍学会暫定指導医
日本がん治療認定医機構暫定教育医
日本外科感染症学会外科周術期感染管理暫定教育医
金子和彦 外科部長
(緩和ケア)
日本緩和医療学会暫定指導医
三輪史郎 消化器外科部長 日本外科学会専門医・指導医
日本消化器外科学会専門医・指導医・
消化器がん外科治療認定医
日本肝胆膵外科学会肝胆膵外科高度技術指導医
日本消化器病学会専門医
日本肝臓学会専門医
飯沼伸佳 消化器外科医長 日本外科学会専門医
秋田眞吾 消化器外科医長 日本外科学会専門医
日本消化器外科学会専門医・指導医・
消化器がん外科治療認定医
日本消化器病学会専門医
日本腎臓学会専門医
荒居琢磨 消化器外科医長 日本外科学会専門医
日本消化器病学会専門医
日本消化器外科学会専門医・消化器がん外科治療認定医
日本腎臓学会専門医
整形外科 春日和夫 副院長・
健診センター長
日本整形外科学会専門医
日本リハビリテーション医学会専門医
日本リウマチ学会専門医
日本脊柱脊髄病学会指導医
皮膚科 塩原順子 皮膚科部長 日本皮膚科学会専門医
泌尿器科 吉村 明 泌尿器科部長 日本泌尿器科学会専門医
耳鼻咽喉科 梅垣油里 耳鼻咽喉科部長 日本耳鼻咽喉科学会専門医
産婦人科 白川貴士 産婦人科部長 日本産婦人科学会専門医
病理診断科 石井恵子 病理診断科部長 日本病理学会病理専門医・研修指導医
日本臨床細胞学会細胞専門医

 

4、研修科目

(1)必須科目  内科、小児科、救急

(2)その他科目 外科、整形外科、産婦人科、皮膚科、泌尿器科、眼科、耳鼻咽喉科、
         総合診療科、リハビリテーション科、精神科、麻酔科、病理診断科ほか
 

5、症例カンファレンス、患者コミュニケーション、介護ケアに係る研修の内容

(1) 症例カンファレンス研修の有無と主な内容
    症例カンファレンス研修:有
    ・毎週水曜日午後:内科合同カンファレンス
    ・毎朝:外科カンファレンス及び月曜日夕方:勉強会、水曜日夕方:症例検討会
    ・毎週月、木、金曜日午前:整形外科症例検討会及び水曜日午後:看護師合同
     症例検討会
    ・回復期リハビリテーション病棟では、医師、看護師、MSW、リハビリテーション
     スタッフ、管理栄養士などケアに対するカンファレンスを随時行っております。

(2) 患者コミュニケーション研修の有無と主な内容
    コミュニケーション研修:有
    ・患者診察時に指導医が付き添いの下で実施予定
    ・定期的に接遇研修に参加する予定
      全国自治体病院協議会主催の接遇研修
      当院主催の接遇研修など

(3) 看護ケアに係る研修の有無と主な内容
    看護ケア研修:有
    当病院の医療療養病棟、在宅ケアセンター(居宅介護事務所、在宅介護支援センター)
   等での体験実習を行う

6、自院以外の研修場所及び主な研修内容

① 信州大学医学部救急集中治療医学講座(住所:松本市旭3-1-1)
   ・研修内容:救急科研修
    3次救命センターで1次から3次救急患者の初期治療から高度救命治療までの救急治療
    を経験する。
    多数の救急患者から重症患者をトリアージする診断過程を経験する。
    全科の救急患者の初期治療を経験する。
   ・研修期間:1~3ヶ月
② 諏訪赤十字病院(住所:諏訪市湖岸通り5-11-50)
   ・研修内容:救急科研修
    3次救命センターで1次から3次救急患者の初期治療から高度救命治療までの救急治療
    を経験する。
    多数の救急患者から重症患者をトリアージする診断過程を経験する。
    全科の救急患者の初期治療を経験する。
   ・研修期間:1~3ヶ月
③ 町立辰野病院(住所:上伊那郡辰野町大字辰野1445-5)
   ・研修内容:外来及び入院患者の診療、地域連携について学ぶ。
   ・研修期間:1~3ヶ月
④ 岡谷市医師会所属診療所(住所:岡谷市)
   ・研修内容:外来、地域連携について学ぶ。
   ・研修期間:1~3ヶ月

7、研修スケジュール

研修プログラム(例1)
  4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
1年目
内科研修
(呼吸器、循環器、消化器、神経、糖尿ほか)
(当院選択6ヶ月)
小児研修
(当院選択3ヶ月)
救急科研修
(信州大学医学部付属病院)
(諏訪赤十字)
2年目 領域別研修
(外科、整形外科、産婦人科、皮膚科、泌尿器科、眼科、
 耳鼻咽喉科、総合診療科、リハビリテーション科、精神
 科、麻酔科、病理診断科ほか)
(当院選択6ヶ月)
総合診療専門研修Ⅱ
(当院選択6ヶ月)
3年目 総合診療専門研修Ⅱ
(町立辰野病院又は岡谷市医師会所属診療所)
総合診療専門研修Ⅱ
(当院選択6ヶ月)


研修プログラム(例2)
  4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
1年目
内科研修
(呼吸器、循環器、消化器、神経、糖尿ほか)
(当院選択6ヶ月)
小児研修
(当院選択3ヶ月)
救急科研修
(信州大学医学部付属病院)
(諏訪赤十字)
2年目 領域別研修
(外科、整形外科、産婦人科、皮膚科、泌尿器科、眼科、
 耳鼻咽喉科、総合診療科、リハビリテーション科、精神
 科、麻酔科、病理診断科ほか)
(当院選択6ヶ月)
総合診療専門研修Ⅰ
(町立辰野病院or
岡谷市医師会所属診療所)
総合診療専門研修Ⅱ
(当院選択3ヶ月)

 
3年目 総合診療専門研修Ⅱ
(当院選択3ヶ月)
総合診療専門研修Ⅰ
(町立辰野病院or
​岡谷市医師会所属診療所)
総合診療専門研修Ⅱ
(当院選択6ヶ月)

8、資格の取得

(1)研修終了後、受験資格が得られる資格
  日本内科学会、認定内科医

(2)将来、取得可能となるよう目指す資格
  日本プライマリ・ケア連合学会家庭医療専門医
  総合診療専門医(平成29年度以降)

9、研修医の身分

岡谷市民病院の正規職員(後期研修医)として採用する

外来受付時間

午前8時から

※診療科によって異なります

休診日のご案内

日・祝日第2、第4土曜日12月29日~1月3日

※変更になる場合があります

受付時間

お問い合わせ
連絡先 24時間受付
0266-23-8000
FAX 0266-23-0818

交通アクセス

地図
〒394-8512
長野県岡谷市本町4-11-33

岡谷インターより車で10分
岡谷駅よりタクシーで5分

ページ一覧表

通常
テレビCM
看護ブログ
ページの先頭へ

岡谷市民病院 トップページ