長野県岡谷市民病院

メニュー
連絡先 0266-23-8000 〒394-8512 長野県岡谷市本町四丁目11番33

診療実績・実績録

論文

  1. Sakon M, Takata M, Seki H, Hayashi K, Munakata Y, Tateiwa N. A novel combined laparoscopic-endoscopic cooperative approach for duodenal lesions. J Laparoendosc Adv Surg Tech A. 2010; 20(6): 555-8.
  2. Miwa S, Kobayashi A, Akahane Y, Nakata T, Mihara M, Kusama K, Ogawa S, Soeda J, Miyagawa S. Is Major Hepatectomy with Pancreatoduodenectomy Justified for Advanced Biliary Malignancy? J Hepatobiliary Pancreat Surg 2007; 14:136-141
  3. Miwa S, Mitagawa S. Kobayashi A, Akahane Y. Nakata T. Mihara M. Kusama K. Soeda J. Ogawa S. Predictive Factors for Intrahepatic Cholangiocarcinoma Recurrence in the Liver following Surgery. J Gastroenterol. 2006; 41: 893-900.
  4. Miwa S, Soeda J, Miyagawa S. Interrelationship of Platelet-Derived Endothelial Cell Growth Factor, Liver Macrophages, and Tumor Microvessel Density in Patients with Cholangiocellular Carcinoma. Hepato-gastroenterology 2005; 52:1398-1402
  5. Induction of LYVE-1/stabilin-2-positive liver sinusoidal endothelial-like cells from embryoid bodies by modulation of adrenomedullin-RAMP2 signaling
    Takuma Arai, Shinichiro Ogawa, Shinichi Miyagawa, Takayuki Shindo et al.
    Peptides. 2011. in press.

  1. 佐近雅宏、小出直彦、関野康、石曽根聡、横山隆秀、宮川眞一
    嵌頓大腿ヘルニアに対して腹腔鏡下ヘルニア修復術を施行した1例。
    日本内視鏡外科学会雑誌16(1):101-105, 2011
  2. 佐近雅宏, 高田学, 関野康, 沖田浩一, 関仁誌, 宗像康博, 保坂典子。術前イマチニブ投与後に経肛門的に切除した直腸GISTの一例。外科治療104(1):97-101,2011 
  3.  三輪史郎、宮川眞一、肝門部胆管癌に対する術式の工夫 肝左葉切除+門脈再建
    手術 2010:64 No 3: 303-308
  4. 三輪史郎、宮川眞一、最新の肝切除 最新の亜区域同定法
    外科 2010:72 No 4: 375-378
  5. 三輪史郎、宮川眞一、肝左葉切除術 消化器外科手術ナビガイド 肝 笹子三津留 杉原健一 川崎誠治編 中山書店 初版 2010:112-120
  6. 三輪史郎、宮川眞一、肝臓手術後のケアと患者指導 今日の消化器疾患治療指針 第三版 編集 幕内雅敏 菅野健太郎 工藤正俊 医学書院 2010:224-227
  7. 佐近雅宏, 沖田浩一, 高田学, 関仁誌, 林賢, 宗像康博、腹腔鏡下上部胃癌手術での脾門部郭清の工夫。
    手術64(5):639-643,2010
  8. 佐近雅宏, 高田学, 関仁誌, 林賢, 宗像康博, 腹腔鏡補助下噴門側胃切除術後のサーキュラーステイプラーを用いた食道残胃吻合。外科治療102(2): 202-206,2010
  9. 三輪史郎、宮川眞一、肝癌 IX.肝癌の治療 外科的治療 肝切除のための機器の比較
    日本臨床 増刊号 2009:67 533-539
  10. 佐近雅宏, 高田学, 関仁誌, 林賢, 宗像康博, 立岩伸之, 十二指腸病変に対する腹腔鏡・内視鏡合同手術の2例。
    手術63(9):1355-1359,2009
  11. 佐近雅宏, 濱田浄司, 関野康, 沖田浩一, 関仁誌, 宗像康博, Glove fingers assisted laparoscopic surgeryによる腹腔鏡補助下幽門側胃切除術の手技の定型化。
    日本内視鏡外科学会雑誌14(4):491-496,2009
  12. 三輪史郎、宮川眞一、肝切除に必要な器具とその使用法 Digestive Surgery Now 肝・脾外科標準手術 Medical view 2008:22-29
  13. 佐近雅宏, 濱田浄司, 関野康, 沖田浩一, 草間啓, 関仁誌, 宗像康博, 越知泰英, 保坂典子, 異時性孤立性直腸癌膵転移の1例。
    膵臓23(6):748-754,2008
  14. 佐近雅宏, 関野康, 沖田浩一, 草間啓, 関仁誌, 宗像康博, 保坂典子, 三上和久, Paclitaxel/CDDP併用術前化学療法によりPathological CRが得られた進行胃癌の1例。
    癌と化学療法35(8):1383-1386,2008
  15. 佐近雅宏, 関野康, 沖田浩一, 草間啓, 関仁誌, 宗像康博, FALS下の腹腔鏡補助下前方切除術での視野展開の工夫。
    手術62(3):349-352,2008 
  16. 佐近雅宏, 三上和久, 関仁誌, 宗像康博, 齋藤学, 西村秀紀, 保坂典子, FDG-PET陽性で直腸癌肺転移と鑑別困難であった肺放線菌症の1例。
    日本臨床外科学会雑誌69(1): 38-43,2008
  17. 三輪史郎、宮川眞一、肝臓 肝切離の手技(正常肝と硬変肝)。最新肝胆膵手術アトラス 永井秀雄 編 手術(臨時増刊号) 2007:61 No 6:655-660
  18. 三輪史郎、宮川眞一、鏡視下手術におけるcontroversy 肝癌に対する肝切除術—慎重な立場
    外科 2007:69 No 6:667-670
  19. 三輪史郎、宮川眞一、病気の話 胆管細胞癌 検査と技術 2007:35 No10:908-911
  20. 三輪史郎、宮川眞一、術中出血の防止と止血の要点、肝左葉切除術
    外科 2007:69 No13:1712-1717
  21. 三輪史郎、中田岳成、宮川眞一、進行胆嚢癌に対する肝膵同時切除(HPD)の意義
    外科 2007:69 No11: 1313-1317
  22. 佐近雅宏, 関仁誌, 宗像康博, 宮川雄輔, 保坂典子, 回腸間膜に発生したCastleman’s diseaseの1例。外科69(13):1779-1784,2007
  23. 佐近雅宏, 関野康, 三上和久, 沖田浩一, 草間啓, 宗像康博, FALS下にカーブドカッターを用いた腹腔鏡下前方切除術。手術61(12):1787-1790,2007
  24. 佐近雅宏, 関野康, 三上和久, 沖田浩一, 草間啓, 関仁誌, 保坂典子, 下行結腸癌により脾膿瘍,敗血症をきたした1例。
    日本臨床外科学会雑誌68(5):1295-1299,2007
  25. 三輪史郎、宮川眞一。VII. 肝切除術式別のKnock & Pitfalls 3. 右葉切除(S4~S8切除)肝臓外科の要点と盲点 監督編集 幕内雅敏 文光堂 2006. 3. 21. 第2版 245-247
  26. 三輪史郎、宮川眞一、肝臓 肝部分切除。卒後5年でマスターする消化器標準手術 桑野博行 編 メジカルビュー社2006. 11.20 第1版 217-224
  27. 三輪史郎、小林聡、宮川眞一。肝門部胆管癌 拡大術式の適応と成績 肝膵同時切除(HPD)
    外科 2005:67 No 7:798-801
  28. 三輪史郎、宮川眞一。胆嚢癌手術 進行胆嚢癌に対するHPD
    手術 2005:59 No 9:1287-1292
  29. 荒居琢磨, 松下明正, 久保周, 熊木俊成, 春日好雄, 上原剛。多発した原発性非特異性小腸潰瘍の1例
    日本臨床外科学会雑誌(1345-2843)69巻7号 Page1691-1696(2008.07)
  30. 荒居琢磨, 松下明正, 久保周, 熊木俊成, 春日好雄, 上原剛。若年男性に発生した甲状腺びまん性硬化型乳頭癌の1例
    日本臨床外科学会雑誌(1345-2843)66巻12号Page2921-2925(2005.12)
  31. 荒居琢磨, 松下明正, 久保周, 熊木俊成, 春日好雄, 成家庄二。再発を繰り返すうちに悪性化した巨大乳腺葉状腫瘍の1例
    日本臨床外科学会雑誌(1345-2843)66巻11号 Page2670-2674(2005.11)
  32. 荒居琢磨, 松下明正, 久保周, 熊木俊成, 春日好雄。外傷が契機と考えられた高齢者白線ヘルニアの1例
    日本臨床外科学会雑誌(1345-2843)66巻10号 Page2603-2606(2005.10)
  33. 荒居琢磨, 小山洋, 伊藤勅子, 原田道彦, 松下明正, 久保周, 熊木俊成, 春日好雄, 上原剛。原発性上皮小体機能亢進症35例の臨床的検討
    日本臨床外科学会雑誌(1345-2843)66巻9号 Page2089-2093(2005.09)
  34. 荒居琢磨, 松下明正, 久保周, 熊木俊成, 春日好雄, 上原剛。若年者に発生した乳腺管状腺腫の1例
    日本臨床外科学会雑誌(1345-2843)66巻7号 Page1574-1577(2005.07)

学会発表

  1. (Poster)Interrelationship of platelet-derived endothelial cell growth factor, macrophages and microvessel density in Cholangiocellular Carcinoma
    Shiro Miwa, Junpei Soeda, Shin-ichi Miyagawa
    IASG 15nd World congress September 7-10, 2005 Prague, Czech Republic
  2. Induction of LYVE-1/stabilin-2-positive liver sinusoidal endothelial-like cells from embryoid bodies by modulation of adrenomedullin-RAMP2 signaling
    Takuma Arai, Shinichiro Ogawa, Shinichi Miyagawa, Takayuki Shindo
    ISSCR 9th Annual Meeting. June, 2011. Toronto, Canada.

  1. 三輪史郎、横井謙太、北川敬之、古澤徳彦、内川裕司、鈴木史恭、清水明、中田岳成、横山隆秀、小林聡、宮川眞一(ミニシンポジウム)拡大肝切除におけるアシアロシンチグラフィーの有用性 第21回日本肝胆膵外科学会学術集会 2009年6月12日 名古屋
  2. 三輪史郎、横山隆秀、本山博章、内川裕司、鈴木史恭、清水明、中田岳成、小林聡、宮川眞一 (ラウンドテーブル)鼠径ヘルニアにおけるDPC導入後の収支の変化と問題点 第8回日本ヘルニア学会学術集会 2010年4月 東京
  3. 三輪史郎、小林聡、横山隆秀、中田岳成、清水明、鈴木史恭、内川裕司、古澤徳彦、秋田真吾、宮川眞一 (一般口演)肝門部胆管癌における治療成績の進歩と予後因子 第64回日本消化器外科学会総会 2010年7月 福岡
  4. 佐近雅宏ほか。十二指腸病変に対する腹腔鏡・内視鏡合同手術の経験.第46回日本腹部救急医学会(ワークショップ、2010.3 富山)
  5. 佐近雅宏、抗リン脂質抗体症候群を合併した胃限局若年性ポリポーシスの1例. JDDW2010(2010.10 横浜)
  6. 佐近雅宏、嵌頓大腿ヘルニアに対して腹腔鏡下ヘルニア修復術を施行した1例。第23回日本内視鏡外科学会総会(2010.10 横浜)
  7. 佐近雅宏、直腸癌多発肝転移に対しcetuximab+irinotecan併用療法が著効した1例。第73回大腸癌研究会(2010.7 奄美大島)
  8. 三輪史郎、北川敬之、横井謙太、古澤徳彦、内川裕司、鈴木史恭、清水明、、中田岳成、横山隆秀、小林聡、宮川眞一 (サージカルフォーラム)肝門部胆管癌における胆管切除断端陰性化の意義 第109回日本外科学会総会 2009年4月 福岡
  9. 三輪史郎、横井謙太、北川敬之、古澤徳彦、内川裕司、鈴木史恭、清水明、中田岳成、横山隆秀、小林聡、宮川眞一 (ミニシンポジウム)拡大肝切除におけるアシアロシンチグラフィーの有用性 第21回日本肝胆膵外科学会学術集会 2009年6月12日 名古屋
  10. 三輪史郎、古澤徳彦、内川裕司、清水明、三原基弘、中田岳成、横山隆秀、小林聡、宮川眞一 (パネルディスカッション)肝門部胆管癌における再発時期と予後因子の検討第108回日本外科学会総会 2008年5月 長崎
  11. 三輪史郎、古澤徳彦、内川裕司、鈴木史恭、清水明、三原基弘、中田岳成、横山隆秀、小林聡、宮川眞一 (教育パネルディスカッション)肝膵同時切除術の周術期成績向上を目指して 第20回日本肝胆膵外科学会学術集会 2008年5月 山形
  12. 三輪史郎、横山隆秀、北川敬之、横井謙太、古澤徳彦、内川裕司、鈴木史恭、清水明、三原基弘、中田岳成、小林聡、宮川眞一 (一般口演)大腸癌の肝転移における肝切除症例の検討 第2回DACHカンファレンス 2008年6月 大宮
  13. 三輪史郎、内川裕司、鈴木史恭、清水明、大野康成、三原基弘、中田岳成、横山隆秀、小林聡、宮川眞一 (ワークショップ)肝門部胆管癌における胆管切除断端と予後の検討 第63回日本消化器外科学会総会 2008年7月 札幌
  14. 荒居琢磨, 清水明, 中田岳成, 横山隆秀, 小林聡, 宮川眞一 再発肝癌に対する集学的治療戦略 -初回再発に対するTACEの治療成績- 第66回消化器外科学会定期学術集会. 2011年7月 名古屋
  15. 荒居琢磨, 小川真一郎, 宮川眞一, 新藤隆行 ES細胞を用いた肝類洞内皮細胞の分化誘導および肝様構造構築の試み 第111回日本外科学会定期学術集会 2011年5月
  16. 荒居琢磨, 池上俊彦, 小川真一郎, 三原基弘, 浦田浩一, 中澤勇一, 三輪史郎, 宮川眞一 肝原発悪性リンパ腫の1切除例 第62回消化器外科学会定期学術集会. 2007年7月 東京
  17. 荒居琢磨, 五明良仁, 清水文彰, 土屋拓司, 岡本講平, 重盛康司 膵十二指腸動脈瘤破裂に対しIVRによる塞栓術が奏効した1例 第68回日本臨床外科学会総会. 2006年11月 広島
  18. 荒居琢磨, 清水文彰, 土屋拓司, 岡本講平, 前島俊孝 重篤な経過をたどったアメーバ赤痢による大腸穿孔の1例 第61回消化器外科学会定期学術集会. 2006年7月 横浜
  19. 荒居琢磨, 松下明正, 久保周, 熊木俊成, 春日好雄, 上原剛 穿孔性腹膜炎を来した多発小腸潰瘍の1例 第67回日本臨床外科学会総会. 2005年11月 東京
  20. 荒居琢磨, 松下明正, 久保周, 熊木俊成, 春日好雄, 上原剛 原発性上皮小体機能亢進症35例の臨床的検討 第67回日本臨床外科学会総会. 2005年11月 東京
  21. 荒居琢磨, 松下明正, 久保周, 熊木俊成, 春日好雄, 上原剛 初発乳癌手術後25年目に対側のアポクリン癌を認めた異時性両側乳癌の1例 第13回日本乳癌学会総会. 2005年6月 倉敷

外来受付時間

午前8時から

※診療科によって異なります

休診日のご案内

日・祝日第2、第4土曜日12月29日~1月3日

※変更になる場合があります

受付時間

お問い合わせ
連絡先 24時間受付
0266-23-8000
FAX 0266-23-0818

交通アクセス

地図
〒394-8512
長野県岡谷市本町4-11-33

岡谷インターより車で10分
岡谷駅よりタクシーで5分

ページ一覧表

通常
テレビCM
看護ブログ
ページの先頭へ

岡谷市民病院 トップページ