長野県岡谷市民病院

メニュー
連絡先 0266-23-8000 〒394-8512 長野県岡谷市本町四丁目11番33

大腸内視鏡検査

検査までの準備と検査の実際

大腸内視鏡検査

3日位前から、次のような食べものを控えます。
消化の悪いもの・・・実のある果実(ぶどう、キウイ、イチゴ、スイカ)、ごま、こんにゃく、海藻類、茄子や漬け物、キノコ類、貝類、人参など。
 
検査前日の夕食は、午後9時までに軽く済ませましょう。
夕食以降は食事を取ってはいけません。(お湯や水は飲んでも結構です)
寝る前に、指定された下剤を飲みます。
 
検査当日は、朝から何も食べてはいけません。タバコもいけません。
 
  1. 朝から腸管洗浄液を1.8リットル飲んでいただきます。
  2. 腸管洗浄液を飲み始めると、しばらくして排便が始まります。
  3. 便が水様(透明もしくは淡黄色)になり、便カスと濁りが無くなるまで待ちます。
  4. 腸管洗浄液を飲むのは、自宅でも病院でも、どちらでも結構です。
  5. 検査ができる状態になったら、検査着(お尻の部分が開いた検査用下着)に着替えます。
  6. 大腸の蠕動を抑える注射をします。
  7. 検査台の上に、体の左側を下にして横になります。
 
検査中は、できるだけ全身の力を抜いていてください。痛みの少ない内視鏡操作が原則であり、検査中に体位変換が必要になるため、通常は静脈麻酔や鎮痛薬を使用しませんが、大腸内視鏡検査に対する不安が強く、内視鏡を肛門に挿入しただけでも痛みを感じるような方には、静脈麻酔を併用することも可能です。
 
検査は通常10~20分程度で終了しますが、大腸内視鏡の場合は個人差が大きく、盲腸に到達するまで、より長い時間を要する場合もあります。病変の存在が疑われて、詳細な観察が必要だったり、生検をおこなうことになれば、さらに時間を要します。
 
大腸ポリープが発見された場合、特殊な色素による染色や拡大内視鏡、画像強調観察により、取らずに様子を見ても良いもの、その場で切除した方がよいもの、内視鏡で切除してはいけないものを区別して、その後の対処法を判断します。
 
ポリープを切除した場合、場合によっては数日間入院していただくこともあります。日帰り手術の場合でも、術後約1週間は、飲酒や運動、仕事等の制限をしていただくことになりますので、仕事などのスケジュールに余裕をもって計画を立ててください。

外来受付時間

午前8時から

※診療科によって異なります

休診日のご案内

日・祝日第2、第4土曜日12月29日~1月3日

※変更になる場合があります

受付時間

お問い合わせ
連絡先 24時間受付
0266-23-8000
FAX 0266-23-0818

交通アクセス

地図
〒394-8512
長野県岡谷市本町4-11-33

岡谷インターより車で10分
岡谷駅よりタクシーで5分

ページ一覧表

通常
テレビCM
看護ブログ
ページの先頭へ

岡谷市民病院 トップページ